さとばる自然情報Vol.13

2021年6月23日(水)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

例年より早く梅雨入りしたものの、ここ最近は晴れ間が多く、爽やかなお天気が続く九重です。
高原も山も新緑から深緑に色を変えて、植物たちも元気もりもり!
ぐんぐん成長するので草刈りの回数も増えてきました…。
まだ夏の花は少ない時期ですが、7月に入れば色とりどりの花が姿を見せてくれるでしょう。
いまはノアザミとハナウドが見頃を迎えています。
花で食事する者、それを狙う者。
生きものたちの暮らしをすこしだけのぞき見!

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜

さとばるのカシワの丘。どこまでも続く緑と青空と野鳥の声をひとりじめ
ワレモコウ(バラ科)。水孔と呼ばれる場所から水分を放出すると、葉に宝石のような水玉がつく
クララ(マメ科)。名前の由来は、根をかじるとクラクラするくらい苦いことから
ウラギンヒョウモン(タテハチョウ科)。高原の夏を告げるチョウ。幼虫の時はスミレが食べ物
赤と黒のストライプ模様がかっこよい、アカスジカメムシ(カメムシ科)。この種は臭くない。見つけたらそ~っと匂ってみて
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科)。なが~い口吻を伸ばして蜜を吸う。ジュースみたいでおいしそう
マメコガネ(コガネムシ科)。イブキトラノオの花を夢中になってむしゃむしゃ食べてました
カバキコマチグモ(フクログモ科)。日本を代表する毒グモの一種
クモの巣を張るのではなく、イネ科のヨシやススキの葉を巧みに巻いて巣をつくる
ハナグモ(カニグモ科)。擬態し、花に食事に来た獲物を狙う
アブラムシが大好物のナミテントウ(テントウムシ科)。ずんぐりしていて可愛さ満点!
つる植物のスイカズラ(スイカズラ科)。花の蜜がほんのり甘く、吸ったことから「吸い葛」。花は時間とともに白から黄色に変化する

新型コロナウイルス感染拡大に伴う
活動自粛について(自粛の延長)

2021年5月29日

大分県の県外移動自粛要請延長に伴い、
以下の一般募集プログラム、ボランティア活動について自粛を行います。

・6月5日(土)「自然で遊ぼう!おやとこ~田んぼの巻~」
・6月12日(土)「さとばるサロン(チョウ部)」
なにとぞ、ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
*お申込み頂いている皆様には個別にご連絡いたします。

*開園は通常通り行います。

さとばる自然情報Vol.12

2021年5月16日(日)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

今年は早くも梅雨入り!九州北部は平年よりも20日早い、5月15日でした。
夏への移ろいとともに、九重では南の方から夏鳥たちが渡ってきています。
九重町の鳥でもあるカッコウは、例年5月10日頃に初鳴きを聞きますが、今年は5月11日。
ほぼ正確に時を刻んで、毎年日本にやって来るのには驚きです。
野鳥たちはただいま繁殖のシーズン。運命の相手と早く出会えますように!
【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜

カッコウ♪ 牧歌的な鳴き声と文学的な親しみから、九重の草原に最も適した鳥であるとして、九重町の鳥に指定されています。自分では巣をつくらず、他の鳥の巣に卵を産み、ヒナを育てさせる「托卵」という習性を持ちます
ホトトギス。夏鳥として渡来します。「トッキョキョカキョク♪」と言っているように鳴き、夜中に鳴くことも。カッコウと同じく、托卵の習性を持ちます
オオヨシキリ。夏鳥としてヨシ原等に渡来し、「ギョギョシ、ギョギョシ…」と濁った大きな声でさえずります
夏鳥として有名なツバメ。巣は泥や枯れ草に自分の唾液を混ぜてつくり、田んぼで巣材を調達しています。飛びながら空中で昆虫を捕まえたり、湖面すれすれに飛んで水を飲む姿は名人芸!
キショウブ。みいれが池のほとりで、見頃を迎えています
セイヨウシャクナゲは、まるでブーケのよう。びっしりと花がつく様は圧巻です
ミズキ。花は葉の上に乗っているようで、立体的な美しさがあります。材が柔らかく、 昔からこけしの材料としても有名です
ウマノアシガタ。花は光沢があり、太陽の光を受けると黄金色に輝きます。名の由来は葉を馬の脚に見立てたという説がありますが、あまり似ていません
ベニシジミ。幼虫はスイバ(タデ科)を食べて成虫になります。どこでも見かけるチョウですが、じっくり見るとその美しさにはうっとりします

さとばるに暮らす生きものたちにぜひ会いに来てください。
旬の自然情報はスタッフにお尋ねくださいね♪

新型コロナウイルス感染拡大に伴う
5月の活動自粛について

2021年5月8日(土)

大分県より5月6日に県外移動自粛要請が出たことに伴い、
一般募集型の活動(プログラム・ボランティア)を5月31日まで自粛いたします。
(お申込み頂いている皆様には個別にご連絡いたします)
皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解とご協力をお願いいたします。
*開園は通常通り行います。

さとばる自然情報Vol.11

2021年4月29日(木・祝)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

暖かい春風に目を覚ましたのか、草花の開花に続いて動物たちも活発に動き始めました。
当校では自然散策路沿いの草原や田んぼなどで、生きもの採集や観察を楽しめます。
事務所で観察道具のレンタル(有料)もしていますので、ぜひご利用ください♪
※採集した生きものはお持ち帰りいただけません。ご了承ください。

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜 ※GW期間中の5/4は開園

アカタテハ。成虫で冬を越すタテハチョウの仲間。長い冬を乗り切ったため、羽が少しボロボロです
スジグロシロチョウ。モンシロチョウに似ていますが、羽に黒い筋が入っているのが特徴。オスは羽からレモンに似た香りを放っていい匂い
アサヒナカワトンボ。川の中流~上流で見られるトンボ。ヤゴで冬を越し、他のトンボよりも早い3月頃から羽化します。緑色の美しい輝きを放つメタリックボディの持ち主
体の一部が青色をしたニホンアマガエルを発見。カエルは皮膚に黄色(おうしき)・虹色(こうしき)・黒色(こくしき)の色素細胞を持ちます。しかし、生まれつき黄色の色素がなかったり、少なかったりすると青色に見えます
トノサマガエル。冬眠から覚めたばかりなのか、大人しくポーズをとってくれました。体長約10cmのメス。なかなかの大物です
ジムグリ。名前は聞きなれませんが、北海道~屋久島に生息する日本固有のヘビ。これは大人ですが、子どものときは鮮やかな赤色で黒い模様があります。名の由来は「地潜」。穴掘りが得意で、土の中での暮らしが好きです
ヒバリ。草原や畑の上空でピーチュル♪ピーチュル♪と複雑にさえずります。鳴き声から姿を探すのが意外に難しいです。スズメと同じくらいの小さい体で懸命に鳴いています

さとばるに暮らす生きものたちにぜひ会いに来てください。
旬の自然情報はスタッフにお尋ねくださいね♪