さとばる自然情報 Vol.7

2020年11月15日(日)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

霜が降りる日が増え、紅葉が楽しめるのもあと少しになりました。
ヤマザクラやケヤキなどはもう葉を落としていますが、カエデ類はもう少しだけ楽しめそうです。
木々が葉を落とすと、野鳥観察におすすめのシーズンを迎えます。
冬を告げるジョウビタキやカモなどの渡り鳥の姿も目にするようになりました。
野鳥の餌台にはゴジュウカラやヤマガラの姿も。
小さくて可愛い生きものたちに会いに来ませんか。

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【定休日】火曜

ヒドリガモ。冬鳥。“みいれが池”に来ています
コガモ。こちらも冬鳥。ハトよりひと回り大きい小型のカモ
ジョウビタキ。冬鳥。畑の杭のてっぺんなどに止まり、ミミズや昆虫などを狙っていたりする
ミヤマホオジロ(雄)。冬鳥。雌雄ともに冠羽が目立つが、メスは頭部の色彩が淡い
アトリ。スズメぐらいの大きさの冬鳥
ゴジュウカラ。ヤマガラと同じく年中見られる鳥。餌台のヒマワリの種が大好物
ヤマガラ。ビーッビーッビーッ♪とよく鳴いています
コハウチワカエデ。青空によく映えます
ウバユリ。翼をもった超軽量の種は、風に吹かれて次々ととび出していきます

バードウォッチング用の双眼鏡は300円で貸出しています。
その他、見どころなど詳しくはスタッフへ気軽にお尋ねください。

11月3日(火・祝) 開園と振替休園のお知らせ

2020年10月21日(水)

日頃より、九重ふるさと自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。
当校では毎週火曜日を定休日としておりますが、11月3日(火)は祝日につき、朝9時30分より開園いたします。皆さまのご来園をお待ちしています。
替わりに、翌11月4日(水)を振替休園とさせていただきます。
ご理解、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

さとばる自然情報 Vol.6

2020年10月14日(水)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

くじゅう連山では1,700m級の山頂帯で紅葉が進んでいます。
麓にある自然学校周辺は、2~3週間後に見頃を迎えるでしょう。

紅葉の始まりとともに、田んぼでは稲刈りが終わりました。
草原のリンドウやヤマラッキョウといった秋の花も終わりに近づいています。
さとばるの3つの散策コースで、秋を楽しんでみませんか。
【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【定休日】火曜

ヤマザクラがひと足早く紅葉を迎えています
青さが際立つリンドウ。美しさにうっとりです
ウメバチソウ。草原に行くと足元で咲いています。茎を抱く葉っぱも可愛いです
ヤマラッキョウ。花姿はまるで打ち上げ花火。玉のようにびっしりと咲くものもあります。食用には不向きです。見頃です
秋のノギクの代表格ヤマジノギク。見頃です
来春の野焼きに向けて、防火帯の草刈りの時期に入りました
サクラタデ。淡いピンク色が透明感があってキレイです。田んぼの脇にひっそりと咲いています
稲穂を刈った後は、竹竿に乾して2週間程度追熟・乾燥します。いわゆる掛け干しです
ニシキギ。錦木という名にふさわしい色づき。幹や茎に「翼」があるのがポイント
秋の散策で注意したいツル植物・ツタウルシ。お肌の弱い人は近づかないで!かぶれます
ハガクレツリフネ。早いものは実ができてきました。実を指でこすると…ぜひやってみてください
マムシグサの仲間。ハーフ&ハーフの彩。半分まで熟しました
シイタケは秋と春の年2回が収穫の時季。いよいよ出始めました
ナギナタコウジュ。片側にしか花が咲かないのが、「なぎなた」とつく名の由来。見頃です

他にも多数の草花や野鳥など見られます。見どころなど詳しくはスタッフへ気軽にお尋ねください。

さとばる自然情報 Vol.5

2020年9月19日(土)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

9月中旬になると日中でも半袖は肌寒くなり、ついに長袖に衣替えしました。
ご来園の際は、薄手の上着があると快適です。
さて、さとばるではススキの穂が開きはじめ、秋が深まってきました。
まだまだ花や昆虫たちの姿もたくさん楽しめますよ~!
【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【定休日】火曜

コナラのドングリ。まだ青いですが、早めに熟したものは落ち始めです。さとばるは、どんぐり拾いにもオススメ!コナラ、クヌギ、カシワ、ナラガシワ、ミズナラと5種類が拾えます
ツマグロヒョウモン。夕日に照らされて羽が黄金色に輝きます。花はマツムシソウ。こちらもまだまだ見頃です
イネの実もずいぶん熟れてきました
ヨウシュヤマゴボウ。根が太くゴボウに似ていることが名の由来。北米原産の外来種です。実は野鳥の好物
ナガミノツルキケマン。ツリフネソウとの色合いがキレイです
キアゲハ。羽化して時間がたったのか、翅の模様も霞んでいます
寄り添うふたり。ハガクレツリフネ
シブ柿。熟れるにはまだ1か月近くかかりそう
ノリウツギ。こちらも花がもうすぐ終わりです。白い花びらのようなものは、実は偽物。アジサイと同じで、虫をおびき寄せるための装飾花です
ミゾソバ(ピンク色)とツリフネソウ(紫色)。どちらも見頃です
草の上にホットケーキ?いえいえキノコです。ヤマドリタケの仲間と思われます
オミナエシ。7月から咲いていますが、ようやく実をつける時期になりました
ツノマタタケ。主にスギなどの針葉樹に生えるキノコ。キクラゲの仲間

 

9月20日(日) ミニクラフト体験&クイズラリー お休みします

2020年9月17日(木)

日頃より、九重ふるさと自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。
毎週土・日曜と祝日に開催中のミニクラフト体験(どんぐりクラフト、バードコールづくり)とクイズラリーにつきまして、9月20日(日)は誠に勝手ながらお休みさせていただきます。
ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。