自然環境保護保全事業

日本の美しい自然遺産を次世代に引き継いでいくために

セブン-イレブン記念財団は、日本の自然遺産を守り次世代に残すことを目的として、環境問題解決への取り組みや自然遺産の保護・保全活動を行っています。

セブンの森

セブン-イレブン加盟店や本部社員のボランティアが、植樹や森林整備による地域の森づくりに取り組んでいます。


自然学校

  • 九重ふるさと自然学校

    「人と自然、自然環境と地域社会の共存・共栄を自然から学ぶ」ことを基本理念とした生涯学習の場を目指します。

  • 高尾の森自然学校

    東京都と協定を結び、八王子市川町の緑豊かな都有地において、環境体験学習事業を実施していきます。


富士山地域環境保全

日本のシンボルであり、日本人の心の故郷でもある富士山の環境問題解決への取り組みを通じて、日本全体の環境問題解決の糸口としたいと考えています。


霧多布湿原のナショナルトラスト

豊かな生態系を抱く霧多布湿原を次世代に引き継ぐために、「小さな力が集まって、大切な自然遺産を残していく」ナショナルトラスト運動を推進しています。


東京湾UMIプロジェクト

水質浄化やCO2を減らすアマモを増やして、東京湾を豊かな海に再生する海の森つくりに取り組んでいます。


東京湾再生官民連携フォーラム

官民が一体となって東京湾の再生に取り組む「東京湾再生官民連携フォーラム」を支援しています。


東京の緑を守ろうプロジェクト

東京都と協定を結び、都内に残る樹林地の緑を保全する市民活動の支援を連携・協力して行います。


自然と人間が調和・共生する海辺つくり事業

水質浄化やCO2削減に役立つアマモを増やして豊かな海を再生する