お知らせ

さとばる自然情報Vol.17

2021年11月11日(木)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

先週は美しかった紅葉も、今週に入ってから一気に散り始めました。
そして昨日、寒波の到来で初冠雪の便りが届きました。
季節が冬に向かって一気に進んだ気がします。
そんな北からの寒波とともにやって来るのが、渡り鳥(冬鳥)たちです。
事務所前のみいれが池やほとりには、休息する鳥たちが徐々に増えてきました。
冬はバードウォッチングのベストシーズン!
薪ストーブであったまりながら、のんびり野鳥観察といきましょう♪

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜
※冬期のアクセスについて
 積雪や凍結により冬用タイヤやチェーンが必要となる場合があります。
 【おおいた防災情報ポータル】から、道路状況をご確認いただけます。
 事前にお確かめの上、お気をつけてお越しください。

★現在確認している冬鳥たち

ヒドリガモ。くちばしは灰色で先が黒い。ピューと鳴く
コガモ。日本のカモの仲間では一番小型。オスは目元から首にかけて美しい緑色の模様を持つ
ジョウビタキ。スズメぐらいの大きさ。平地の庭先にも現れる、冬鳥の代表種

事務所テラスに設置しているバードフィーダー(エサ台)からは、可愛い野鳥の姿を間近に観察できますよ。
※写真は昨年撮影

ミヤマホオジロ。冬鳥。くちばしで籾がらを上手に取って玄米を食べています
シジュウカラ。留鳥。牛の脂身がお好みのよう!
ヤマガラ。留鳥。何度も何度もヒマワリの種を食べて、運んで、大忙しです

※留鳥…渡りなどの季節的な移動を行わず、一年中ほぼ同じ地域にすむ鳥

お知らせ

10/20(水) 臨時休園のお知らせ

2021年10月18日(月)

日頃より、九重ふるさと自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、10月20日(水)は臨時休園とさせていただきます。

ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

お知らせ

さとばる自然情報Vol.16

2021年10月7日(木)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

高原と山が恋しくなる季節がやってきました。
光り輝く穂波が風に揺れるススキは見頃を迎え、あと2週間もすれば山は紅に染まり始めます。
美しい九重の秋を存分に楽しむなら10月のお出かけがオススメです。
ぜひ自然学校にも遊びに来てくださいね。

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜

10月下旬にはみいれが池のほとりも赤く紅葉します。水面に映るのは平治岳(ひいじだけ)
光にかざしてみると、ススキの美しさを堪能できます
ウメバチソウ。純白の花弁と茎を抱く葉のコントラストは実に鮮やか
リンドウ。お天気のよい日の観察が最適。昼間に花を広げ、夕方になると閉じます
ナギナタコウジュ。シソ科ならではの強い香りを持つ。近づくだけで匂ってきます
マムシグサの果実。実には毒の成分が含まれているため、食べるのは控えましょう
こちらはイヌザンショウの果実。イヌは「役に立たない」という意味があり、本家のサンショウに比べて香りがほとんどありません

ここからは哺乳類の登場。闇夜で懸命に生きている様子をとらえました。

キツネ。昼間でも遭遇すると、立ち止まってこちらを見ることが多いです
タヌキ。一頭見かけると他のタヌキも見かけることが多いです。集会でもしてるのかしら
シカ。繁殖期を迎える秋は「キャーッ!!」とオスの鳴き声が山にこだまします
最後はアナグマ。クマと名がありながら、イタチの仲間です。白昼堂々、事務所に遊びに来てくれました

 

お知らせ

さとばる自然情報Vol.15

2021年9月2日(木)

九重ふるさと自然学校の自然体験フィールド「さとばる」。
自然散策路で見られる生きものなどの自然情報を定期的にお届けします。

早いもので9月になりました。
九重では夏と秋が入り混じる季節を迎えています。
昼は晩夏のBGM、ツクツクボウシの声。夕方になるとコオロギなどの虫たちの演奏会。
そして肌に冷んやり染みる秋の風。

何かとにぎやかな夏から、静かで風情のある秋へと移ろいを感じます。
この時期の見どころは、なんと言っても草花たち。
さとばるでは、約80種類もの花が咲き誇ります。
お気に入りの花を見つけにぜひお越しください。

【開園時間】9:30~17:00 ※受付を事務所でお願いします。
【入園料】無料
【定休日】火曜

ススキ(イネ科)の穂が出始めました。10月にもなればススキの穂波で、草原が銀色に輝きます
オミナエシ(スイカズラ科)は、秋の七草のひとつ。同じ仲間のオトコエシの花は白色です
マルバハギ(マメ科)。こちらも秋の七草「ハギ」の仲間。花は葉より外側に出ずに咲きます
マツムシソウ(スイカズラ科)。名前はマツムシが鳴く頃に花を咲かせることから。10月中旬頃までの長い間花を楽しめます
ヤマアザミ(キク科)。高さ2mに達する大型のアザミ。草原で放牧される牛や馬が、食べるのを嫌がるほど、葉に鋭いトゲを持ちます
サワヒヨドリ(キク科)。日当たりの良い湿った場所に生えるヒヨドリバナの仲間。個体によって白や赤、ピンクの色合いが絶妙に違います
ツクシフウロ(フウロソウ科)。「ツクシ」の名の通り九州特産種。日本と大陸が陸続きだった数万年前に大陸から渡ってきました
ツルフジバカマ(マメ科)。姿が似たクサフジに比べて葉が厚ぼったく、階段状に紅紫色の花が咲きます
ホソバノヤマハハコ(キク科)。細くて白い産毛の生えたような葉が特徴。有名な高山植物エーデルワイスと近縁種です
ツリフネソウ(ツリフネソウ科)。花の蜜はくるっと丸まった最深部にあり、よくハチが頭を突っ込んでいます。その足にはたくさんの花粉団子がつき、受粉を助けています
ハガクレツリフネ(ツリフネソウ科)。ツリフネソウと違って葉の下に花が咲きます。九州から四国、紀伊半島にかけてのベルト地帯でしか見られません
ヒヨドリバナ(キク科)。旅するチョウ・アサギマダラが吸蜜する代表的な花。花は白一色です
ミズヒキ(タデ科)。花の表は紅色~ピンク、そして裏をのぞくと白。まさに紅白の水引!命名上手ですね
キンミズヒキ(バラ科)。名は細長く伸びる花穂が「金色のミズヒキ」のように見えたことから。でもこちらはバラの仲間
アカネ(アカネ科)。奈良時代から根を赤色の染料とし用いてきた、つる性植物。可愛いハート形の葉が、茎に4枚つくのが特徴です
エゾミソハギ(ミソハギ科)。湿地が好きで、みいれが池の周りに咲きます。蝦夷の名前の通り、北海道などの北日本で多く見られます
お知らせ

夏季休園(8/27~8/31)のお知らせ

2021年8月8日(日)

日頃より、九重ふるさと自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、以下の期間を夏季休園とさせていただきます。

■夏季休園期間
  2021年8月27日(金) ~ 8月31日(火)

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程お願いいたします。