臨時休館延長のお知らせ

2021年5月7日(金)

日頃より、高尾の森自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。

緊急事態宣言の延長に伴い、来館される方の健康と安全を最優先に考慮し、先にお知らせしておりました臨時休館の期間を下記に延長とさせていただきます。

【休館期間】
2021年4月25日(月)から2021年5月31日(月)まで
また、5月中の森のお手入れボランティア活動は中止、連続プログラム「昆虫のたちのすむ草地づくり 第1回春の昆虫編」は7月3日へ延期とさせて頂きます。

尚、状況により休館期間が延長する可能性もございます。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

臨時休館のお知らせ

2021年4月23日(金)

日頃より、高尾の森自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大及び緊急事態宣言に伴い、来館される方の健康と安全を最優先に考慮し、下記の期間中、臨時休館とさせていただきます。

【休館期間】
2021年4月25日(日)から2021年5月11日(火)まで
※感染状況により、休館期間が延期となる場合もございます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

ホールの一時使用中止のお知らせ

2021年4月14日(水)

日頃より、高尾の森自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う「まん延防止等重点措置」発令に伴い、来館される方の健康と安全を最優先に考慮し、下記の期間中、ホール(展示室)の使用を一時中止とさせていただきます。

【中止期間】
2021年4月14日(水)から2021年5月11日(火)まで

※尚、野外の散策はご利用いただけます。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

季節の便り~4月~

2021年4月7日(水)

高尾の桜も満開を迎え、生きものたちがにぎやかになる春の季節の到来です。それでは早速、4月頃に見られる自然情報をお伝えいたします。

タチツボスミレ(スミレ科)
里山を代表するスミレの一つ。高尾の森自然学校では、このほかスミレ、ツボスミレ、アカネスミレ、ナガバノスミレサイシンの4種類のスミレが観察できます。
イチリンソウ(キンポウゲ科)
 スミレに並ぶ、里山の春植物の一つ。白いきれいな花が1輪だけ付くことからその名がつきました。季節が良ければ林床一面が白い花で覆われます。
ジュウニヒトエ(シソ科)
 花が幾重にも重なる姿を「十二単」にたとえたことからその名がついたそうです。華やかさはそれほどないですが、十二単にふさわしい清楚な姿が魅力です。
ヤマツツジ(ツツジ科)
 サクラが散ったのち、高尾の森自然学校ではヤマツツジが満開となります。ツツジが連なるツツジの小径を抜ける散策をぜひお楽しみください。
ルリタテハ(タテハチョウ科)
 瑠璃色の模様がきれいなタテハチョウのなかま。成虫で冬越しするため、春早くからその姿を見ることができます。
ヒキガエルのオタマジャクシ
 去年自然学校に作ったトンボ池に、今年ヒキガエルが散乱しました。池を覗くとたくさんのオタマジャクシが泳いでいる姿を見ることができます。

開館のお知らせ

2021年3月22日(月)

日頃より、高尾の森自然学校をお引き立ていただきありがとうございます。

緊急事態宣言の解除に伴い、3月22日(月)より開館しております。
春が待ち遠しかったのか、植物たちが一斉に花を咲かせていますので、
是非ご来館ください。

■開館時間:9:30~17:00
※火曜定休。事務所で受付をお願いします

【コロナ対応につきまして】
安心してお越しいただけるよう、感染防止対策を講じています。皆様もご開館の
際には、マスクの着用や事前に発熱や風邪症状のないことを確認頂きますよう、
ご協力の程よろしくお願いいたします。