活 動
高尾の自然保護・保全

「絵本の森を探検しよう!」を実施しました。

2021年10月22日(金)

10月9日(土)10日(日)に、未就学児からの子どもたちを対象にしたプログラム「絵本の森を 探検しよう!」を実施しました。

多様な団体の協力により、読み聞かせと自然体験を組み合わせた「絵本の森の自然体験」、森の中で自由に絵本を読む「木漏れ日絵本図書館」、羊毛を使ったアクセサリー作り「羊毛ボールづくり」、目隠しをして森を歩く「目隠しトレイル」など、参加者には様々な体験して楽しんでもらうことができました。参加者からは、「夢の中のような空間で、親子共にすごくリフレッシュできました。」、「子供たちにとって様々な体験ができ、チャレンジできた事がよかった。」などの感想を頂きました。

1.受付
1.受付
セブン銀行の協力で参加者にボノロングッズをプレゼントしました。
2-1.絵本の森の自然体験
2-1.絵本の森の自然体験
ボノロン絵本などの読み聞かせを行いました。(読み聞かせ:NPO法人八王子子ども劇場)
2-2.絵本の森の自然体験
2-2.絵本の森の自然体験
絵本の内容をもとに生きもの観察を行いました。
3.木漏れ日絵本図書館
3.木漏れ日絵本図書館
100冊を超える絵本を森の入り口に置き、子どもたちに自由に読んでもらいました。(NPO法人樹木・環境ネットワーク協会提供)
4.森の音楽会
4.森の音楽会
童謡を中心に音楽会を開きました。(演奏:鳥澤順子)
5-1.目隠しトレイル
5-1.目隠しトレイル
目隠しをして、ロープを頼りに森を歩くプログラムを行いました(提供ボーイスカウト八王子第12団)
5-2.組みひもづくり
5-2.組みひもづくり
組みひもづくりを体験してもらいました(提供ボーイスカウト八王子第12団)

5-3.テント設置

5-3.テント設置
自由に入って遊べるテントを設置しました(ボーイスカウト八王子第12団)

6.羊毛ボールづくり
6.羊毛ボールづくり
羊毛を使ったアクセサリーづくりを行いました。(NPO法人八王子子ども劇場提供)
7.SDGsすごろく
7.SDGsすごろく
SDGsを学ぶすごろくや室内の遊具で自由に遊んでもらいました。
8.森の遊び場
8.森の遊び場
輪投げなどの遊具や落書きこーななど自由に遊んでもらうコーナーを設置しました
9.ベビーテント
9.ベビーテント
八王子市からおむつ替え等に使用できるテントをお借りしました。
高尾の自然保護・保全

第112回森のお手入れボランティアを実施しました。

2021年10月20日(水)

第112回森のお手入れボランティア
2021年10月16日(土)

ホタルのすむ沢地作りの一環として、ボランティアの方々とともに集水域の森の間伐と下刈り作業を行いました。

今回ははじめての参加の方もたくさんいたので、森づくりの意義から説明し、現場では木の倒し方をレクチャーしながらの作業となりました。午前中だけど短い時間での作業でしたが、尾根沿いの散策路まで見渡せるほどきれいになりました。

1.森づくりについての説明
1.森づくりについての説明
2.下刈り
2.下刈り
3.混みすぎている低木の伐採
3.混みすぎている低木の伐採
4.整備前
4.整備前
5.整備後
5.整備後
高尾の自然保護・保全

2021年度森のお手入れボランティア参加者募集中

2021年森のお手入れボランティア

高尾の森自然学校では、里山保全を目的としたボランティアを募集しております。大自然の中で体を動かして、汗を流してみませんか?初心者の方も大歓迎です!!皆様のご参加をお待ちしております。

〇活動スケジュール

回数 活動日 活動内容

110

2021912() 9:30~12:00

散策路の整備①

111

2021925 () 9:30~12:00

散策路の整備②

112

20211016() 9:30~12:00

森林整備(下刈り)

113

20211031() 9:30~12:00

森林整備(下刈り)

114

20211120() 9:30~12:00

森林整備(下刈り)セブンの森と合同作業

115

20211218() 9:30~12:00

森の未整備地域開拓

116

202219() 9:30~12:00

保全林作業道作り

117

2022122() 9:30~12:00 ※新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、中止となりました

保全林作業道作り

118

2022213() 9:30~12:00

散策路整備(下刈り)

119

2022226() 9:30~12:00

散策路整備(下刈り)

※1 新型コロナウイルスの感染状況によりやむなく中止となる場合もごさいます。 ※2 新型コロナウイルス対策のため、昼食会はありません。すべて午前までの作業となります。 ※3 天候や作業の進捗状況により、内容が変更になる場合がございます。

新型コロナウイルス感染症対策について、ご協力のお願い 新型コロナウイルス感染症対策として、以下についてご協力をお願いいたします。

➀参加者ご本人またはご一緒に参加される方に発熱(37.5℃以上)、咳・咽頭痛の症状がある場合は、参加をご遠慮ください。

②当日は参加者全員に対し、手指の洗浄・消毒、マスク着用と受付時に検温のご協力をお願いいたします。※万が一発熱が確認された際、参加をご遠慮いただく場合がございます。ご了承ください。

③他の参加者との距離を十分確保してください。また活動の際、道具類の共有はしないようお願いします。

【対象/定員】

高校生以上※中学生以下は要相談/各回10名程度

【申込方法】

申込締切日は各活動日の3日前までです。 以下の専用申込フォームから申し込みください。 ※Web以外でのお申込みをご希望の方はご連絡ください。

【申込フォーム】

https://ws.formzu.net/fgen/S89973091/

【お問い合わせ】 「高尾の森自然学校」(運営:一般財団法人セブン-イレブン記念財団) 〒193-0821 東京都八王子市川町705-1 TEL 042-673-3844   FAX 042-673-3945 E-mail:takao-sizengakkou@7midori.org

高尾の自然保護・保全

「第2回 森のジュニアボランティア」を実施しました。

2021年8月12日(木)

8/12、子どもたち対象の一緒に学び考える活動「森のジュニアボランティア」の第2回の活動を行いました。

今回の活動は、森の中の沢の整備。ヒキガエルやイタチの糞などを観察しながら沢に到着すると、まずは、沢の生きもの観察を行いました。ホトケドジョウやヘビトンボの幼虫、オニヤンマのヤゴなど普段あまり見れない沢の生きものを観察し、沢の環境の大事さを感じたのち、沢の泥を取る「かいぼり」作業を行いました。泥だらけになりながらおこなったかいぼり作業で、前よりしっかりと水が流れるようになりました。

参加者からは、「いろいろな生き物の役に立ててよかった」と感想をもらいました。

1.移動中にヒキガエルを発見
1.移動中にヒキガエルを発見
2.沢の生きもの観察
2.沢の生きもの観察
3.沢のかいぼり作業
3.沢のかいぼり作業
高尾の自然保護・保全

「第106回 森のお手入れボランティア」を実施しました。

2021年3月28日(日)

第106回目の森のお手入れボランティアを2021年4月10日(土)開催しました。

今回の作業は、昨年度から進めている湿地のビオトープ作りです。

既に掘り下げている池に防水シートを入れるため、ボランティアみんなでスコップを持ち掘り起こしました。
途中、アメンボやゲンゴロウなどの生きものは一時退避。子どもたちが網ですくいながら救出作戦です。
掘り起こしたら、用意した防水シートを広げて池の底に敷きました。
その後は掘り起こした土などを戻し、退避していた生きものも戻しました。

この日が高尾の森自然学校の開校6年目になり、記念となるビオトープが完成したと思います。
ビオトープ池づくりは2回の活動で設置する予定でしたが、ボランティアの方々の活躍により今回で完成したため、次回は森林整備作業を行っていきます。

参加者みんなで池を掘っていきます。

子どもたちは生きもの救出作戦です。

掘った穴に防水シートを敷きます。

ビオトープ池の完成です。