助成の対象経費について

助成の種類によって、助成対象となる経費が異なります。下記を参考に申請してください。
助成金額の上限が決まっているものは、上限を越える分は申請団体の負担です。

費目
内容
地域美化助成
活動助成
NPO基盤強化助成
苗木・花苗代
低木(成木時で2m以内)の苗木、草花の種苗、球根
高木(成木時で2m超)の苗木
 
培養土、腐葉土、有機肥料
地域美化備品費
刈払機(税込み5万円未満)、刈払機用エプロン、フェイスガード、スネガード、ヘッジトリマー、ブロワー、移植ゴテ、鎌、鍬、剪定ばさみ、スコップ、レーキ、手動運搬車・キャリー、燃料タンク、コンテナボックス、ジョウロ、ホース、ホースリール、バケツ、プランター、トング、てみ、ほうき、ちりとり、ゴム手袋、軍手、倉庫(税込み10万円未満)、非接触で測定可能な体温計
   
ごみ運搬・処理費
ごみ運搬用レンタカー、ごみ運搬時ガソリン(走行距離km×15円/㎞で算出)、ごみ処理費用
消耗品費
文具、材料・資材、機械燃料、替え刃、ごみ袋、救急セット、虫よけ(農薬、殺虫剤は除く)、消毒液、使い捨てのマスク・フェイスシールド・ビニール手袋
保険料
ボランティア保険、レクリエーション保険
広告費
一般参加者募集チラシおよびポスター作成費(インク、紙、デザイン費用含む)、活動PR用のぼり、横断幕
ホームページ作成費(作成・受取後には、申請団体で更新ができること)
 
備品費
機械、道具、倉庫(税込み10万円未満)、参考図書、非接触で測定可能な体温計、コンピューター(税込み10万円未満)、タブレット(税込み8万円未満)、デジタルカメラ(税込み5万円未満)
 
賃借料
会場、会場設備・備品、機械(レンタル業者からの借り受けのみ)
 
通信費
郵便代(切手、ハガキ、レターパック、封筒含む)、宅配便
 
旅費交通費
上限:申請総額の30%
公共交通機関、車両ガソリン、有料道路、レンタカー代、宿泊費(1人あたり1泊上限税込8,000円・上限金額以内の実費精算)
 
資料作成費
参加者配布資料、テキストブック、報告資料、申請事業のパンフレット、パネルの作成
 
外部講師謝金
上限:申請総額の20%
外部講師への謝金(1人あたり1日上限1万円)
 
建築工事費
専門業者にしかできない建築設備工事
 
調査費
自団体ではできない専門家によるデータ収集・分析
   
事務所家賃
上限:10万円/月
団体事務所家賃および共益費(会員の自宅を兼ねている場合は対象外)
   
人件費
上限:20万円/月
常勤専従職員1名の基本給(各種手当は対象外・団体代表者は除く)
   

※申請数量を上回る物品の購入はできません。超過分は団体負担となります。

助成対象外の経費について
  • 飲食代、飲料代、食材費
  • 外部委託費(整備活動やイベント企画運営の外部発注など)
  • 会員・スタッフへの日当またはそれに準ずるもの、講師以外の謝金、参加者への景品
  • 寄付金、諸会費、資格取得に伴う受講料
  • ドローン
  • 化学肥料、除草剤、殺虫剤
  • 外来生物法によって、特定外来生物あるいは未判定外来生物に指定されている植物
  • 交雑による遺伝子攪乱につながる他地域からの同一種の動植物持込
  • 土地の賃借料、個人所有物を借り受けた際の謝金またはそれに準ずるもの
  • タクシー代、駐車料金、レンタカーの免責補償・オプション保険
  • マスコミ広告・広告掲載料、チラシ折込代、ポスティング費用
  • 会報・会員募集のチラシ作成
  • ホームページのサーバー維持費、ドメイン料金
  • ビブス、ユニフォーム、キャップ、腕章
  • その他、当財団が不適当と判断した経費

※「よくあるご質問」も併せてご参照ください。

送料・手数料について
  • 物品などを購入する際の送料、手数料(銀行振込手数料、代引手数料、コンビニ決済手数料)は助成対象です。
  • 申請項目を記入する際に「送料・手数料込み」と記載して、合算した金額を消費税込みで計上してください。
  • 複数の支払い方法がある場合は、より安価な方法を選択してください。
備品費について
  • コンピューター(税込み10万円未満)、タブレット(税込み8万円未満)、デジタルカメラ(税込み5万円未満)は、各1台まで・1回限りの助成とします。
  • 上限金額を超える場合、超過分は団体負担となります。
外部講師謝金について
  • 講師謝金としての申請上限額は助成申請総額の20%とします。
  • 講師1人あたりの1日の上限額は1万円とします。
  • 会員が講師となる場合の謝金は助成対象外です。
旅費交通費について
  • 旅費交通費としての申請上限額は助成申請総額の30%とします。
    例)助成申請総額50万円の場合 ⇒ 旅費交通費上限15万円
  • ガソリン代は「助成申請活動における助成対象期間中の総走行距離㎞ ×15円」で算出してください。
  • 申請の際は、申請活動における助成対象期間中の公共交通機関利用料、ガソリン代、有料道路利用料、宿泊費の合計額を申請してください。
  • 自動車使用時の交通費(ガソリン代)、領収書が発行されない電車・バス運賃の精算は、当財団の指定したフォームにて行っていただきますのでご承知おきください。利用者の受領印が必要となります。
  • 個人への精算であっても、飛行機・新幹線・特急のチケットや高速道路・有料道路、宿泊施設を使用した場合は、その領収書をご提出ください。ご提出がない場合、個人の受領印があっても助成対象外とさせていただきます。
その他の特記事項
  • 助成決定後の内容変更は原則認められません。
  • 助成活動の終了後、「助成事業の活動報告書」「会計報告書」をご提出いただきます。
  • 当財団事務局にて計上内容を確認させていただきます。各科目内での精算となります。
  • 領収書の原本がない計上は認められません。
  • 領収書の但し書きに購入物品名、単価、数量の記載があるものをご提出いただきます。
  • 請求書・納品書がある場合は併せてご提出いただきます。
  • 申請時に計上の無い物品、助成決定時に除外された物品は対象となりません。
  • 申請数量を上回る物品の購入は出来ません。超過分は団体負担となります。
  • 残余金の繰り越しや流用は出来ませんので、ご了承ください。