「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

「霧多布セブンの森」づくり
霧多布セブンの森

セブン-イレブン記念財団は、豊かな生態系を抱く霧多布湿原を次世代に引き継ぐために、「小さな力が集まって、大切な自然遺産を残していく」ナショナルトラスト運動を推進しています。

北海道浜中町の認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラストとパートナーシップ協定を結び、2002年より霧多布湿原の民有地などを取得し保全しています。これまでの取得面積は、480.8ha(2022年2月末日現在)になります。

豊かな森が豊かな湿原をつくり、やがて豊かな海を作ります。この自然の循環の一助となることを目指し、2018年より「霧多布セブンの森」を開始しました。
また、2021年3月30日、霧多布湿原も含まれる「厚岸道立自然公園」が「国定公園」に昇格し「厚岸霧多布昆布森国定公園(あっけしきりたっぷこんぶもりこくていこうえん)」になりました。

2022年5月14日(土)
第4回「霧多布セブンの森」活動報告
集合写真 撮影時のみマスクを外しています
集合写真 撮影時のみマスクを外しています

第4回目の活動は、2019年の第1回の活動にて植樹した500本の‶シラカバ″の活着率調査を実施しました。
コロナ禍により人数を制限して開催し、認定NPO法人霧多布ナショナルトラスト様 7名、セブン‐イレブン加盟店 6名、記念財団 2名の合計15名が参加しました。
作業前に専門家からの指導を受けた後、1本1本丁寧にピンク色のリボンをつけて調査をした結果、500本のうち330本の活着を確認することができました。そして活動の最後には、記念植樹として「カエデ」を植え記念撮影。
翌日は、地域の皆さまと浜中町の海岸を清掃しました。海岸には多くのプラスチックゴミが漂着し、約1.5tのゴミが回収されました。ご参加いただいた皆さま、お疲れ様でした。

活動説明
活動説明
1本ずつリボンを付けていきます
1本ずつリボンを付けていきます
活着した苗
活着した苗

カエデの記念植樹
カエデの記念植樹
記念樹の看板
記念樹の看板
記念撮影
記念撮影

海岸清掃
海岸清掃
回収されたゴミ
回収されたゴミ
集合写真
集合写真

霧多布セブンの森 (面積480.8ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
財団 2018年915 「平成30年北海道胆振東部地震」のため中止し、有志で山道作りと11本の植樹 11 4 12
第1回 2019年525 シラカバ500本の植樹 500 35 43
第2回 2020年721 外来種駆除 0 7
第3回 2021年7月10日 下刈り、外来種駆除 5 12
第4回 2022年514 植樹した箇所の活着率調査、記念植樹(カエデ) 1 6 15
合 計 512 50 89