「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

2022年11月26(土)
第10回「三重セブンの森」活動報告

第10回目の活動は、三重県津市美里 水源の森にて、植樹、散策道整備(砂利敷き、床材運搬、木橋づくり)を実施しました。
植樹では、約100㎏のヤマザクラの幼木苗を重機と参加者で引き上げ、交代しながら穴を堀り、水で土をほぐすなど、多くの工程を経て植樹が完了。砂利敷きでは、粘土質のぬかるみを防ぎ歩きやすくするため、スコップで砂利をのばしました。床材運搬では、予め長野川流域環境保全協議会様が準備してくださった170枚の床板を山道の中、1本ずつ運び、木橋づくりでは運搬した床板を端からきれいに並べ、交代で電動くぎ打ち機を使いながら、見事な橋を完成することができました。
活動後は参加してくれた子供たちに「ボランティア参加証明書」を授与し、長野川流域環境保全協議会の藤﨑様より、森の「セラピー効果」や「ナチュラルキラー細胞」についてお話をいただきました。

集合写真
集合写真
幼木苗の引き上げ
幼木苗の引き上げ
交代で穴掘り
交代で穴掘り
支柱の固定
支柱の固定
植樹完了
植樹完了
みんなで砂利敷き
みんなで砂利敷き
子供たちも参加
子供たちも参加
完成した砂利敷き
完成した砂利敷き
床板運搬スタート
床板運搬スタート
山道を運搬
山道を運搬
床板設置
床板設置
もうすぐ完成
もうすぐ完成
木橋が完成しました
木橋が完成しました
ボランティア参加証明書授与
ボランティア参加証明書授与
がんばって活動しました
がんばって活動しました
森のお話をしていただきました
森のお話をしていただきました
三重セブンの森 (面積1.6㏊→8.8㏊)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2014年1018 植樹 500本 94 113
第2回 2015年1024 下刈り 77 88
第3回 2017年311 モニタリングと間伐材のベンチづくり 72 83
第4回 2018年324 遊歩道の階段設置 59 71
第5回 2018年1013 遊歩道の階段の設置と、下刈り、こども向けのクラフト 94 99
第6回 2019年323 間伐した丸太の搬出、遊歩道の階段づくり、間伐材のベンチづくり、こども向け木工クラフト 105 110
第7回 2019年914 遊歩道の階段設置・補修(4カ所)、間伐材の運搬、 植樹の支柱設置、下刈り、防獣ネット除去、こども向けの木工クラフト 150 161
第8回 2021年1113 苗木保護材撤去、散策道整備(木橋づくり、砂利敷き) 62 74
第9回 2022年618 下刈り、支柱撤去 50 56
第10回 2022年1126 植樹、散策道整備(木橋づくり、砂利敷き、床材運搬) 1本 68 80
合 計 501本 831 935
※2016年度は雨天のため活動を中止しました。
2014年10月16日(木)
三重県の「森づくり宣言書」調印式を行いました

セブン-イレブン記念財団は、三重県が進める「企業の森」事業に参加し、津市美里町南長野の「美里水源の森」で、1.16haの「三重セブンの森」づくりを行います。
2014年10月16日(木)三重県庁にて、三重県・鈴木英敬知事、津市・前葉泰幸市長、セブン-イレブン記念財団・都築寿雄理事(セブン-イレブン安城百石町店オーナー)の三者が、2014年~2020年までの5年間の「森づくり宣言書」に調印しました。

森づくり宣言書署名後 左から 鈴木知事、都築理事、前葉市長
森づくり宣言書署名後
左から 鈴木知事、都築理事、前葉市長
「森づくり宣言書」に署名
「森づくり宣言書」に署名
三者を代表し都築理事が宣言書を読上げ
三者を代表し都築理事が宣言書を読上げ

<鈴木知事 挨拶要旨>
東海地区で最初の「セブンの森」に三重を選んでいただき光栄であり、感謝しています。
持続可能な森林を守るために協力してほしい。

<前葉市長 挨拶要旨>
美里水源の森は水源涵養の森として、津市民の水を守っていくことにつながり、市民にとってプラスになります。

<都築理事 お礼要旨>
セブン-イレブン加盟店、本部が一丸となって地域に根ざした活動に取り組み、地域の発展に貢献してまいります。