「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

「宮城セブンの森」づくり

震災復興支援として、豊かな森をつくるために宮城県大崎市鳴子温泉玉ノ木にNPO法人しんりんと協定を締結し、「宮城セブンの森」づくりを行っています。

2019年に植樹したミズキは白色で柔らかく緻密なので伝統工芸品に適しており、「鳴子こけし」の材料にも使われています。

また、仙台湾セブンの森で使用していた看板を再利用して、「こけしの森プロジェクト」の看板を新たに設置しました。

宮城セブンの森
2019年植樹したミズキ
宮城セブンの森
ミズキの苗
宮城セブンの森
補植
2022年4月23日(土)
第17回「宮城セブンの森」活動報告
集合写真 撮影時のみマスクを外しています
集合写真 撮影時のみマスクを外しています

2022年4月23日(土)、宮城県大崎市鳴子温泉玉ノ木にてミズキの補植を実施しました。
コロナ禍に伴い人数を制限し、NPO法人しんりん様 11名、地元ボランティア、企業の皆様 11名、 セブン‐イレブン加盟店 23名、記念財団の理事・事務局 2名の合計 47名が参加。
はじめにNPO法人しんりん様から活動前の安全指導をいただいた後、4~5名の混成チームを作り、 各チームに安全指導員が付いて活動をサポートしてくださいました。

【活動の流れ】

  1. クワで穴を掘って、ミズキを植樹する
  2. 植樹後、土を戻して踏み固める
  3. 苗を獣害から守るためのシェルターを組み立てる
  4. シェルターをしっかり設置する

時折、雨の降るあいにくの天気でしたが、参加者全員の頑張りで108本の苗を植えることが できました。活動後は「次回の活動も参加したい」という感想もいただきました。
皆様ご参加いただき、ありがとうございました。                          

穴を掘ってミズキを植樹
穴を掘ってミズキを植樹
ミズキを植樹
ミズキを植樹
土を戻して踏み固める
土を戻して踏み固める
シェルターの組み立て
シェルターの組み立て
シェルターを設置
シェルターを設置
シェルターをしっかり固定
シェルターをしっかり固定
宮城セブンの森 (面積300ha)
実施日 活動内容 植樹本数 参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回
2012年923
植樹と竹林伐採
1,500
120
195
第2回
2013年98
雨のため森林セミナーと現地視察
56
58
第3回
2013年113
植樹
2,000
132
140
第4回
2014年914
植樹と竹林整備
2,000
202
208
第5回
2015年613日・14日
竹林整備
43
49
第6回
2015年926日・27日
植樹と竹林整備
2,030
57
63
第7回
2015年1024日・25日
竹林整備の後片付け
10
10
第8回
2016年4月23日・24日
竹林整備
27
29
第9回
2016年94
竹林整備と杉1000本、桜30本を植樹
1,030
121
149
第10回
2017年5月20日・21日
竹林整備
7 9
第11回
2017年9月9日・10日
害獣ネット設置、杉3,000本、桜50本を植樹
3,050
150
158
第12回
2018年715
竹伐採、支柱づくり
38
47
第13回
2018年922
雨天中止、有志で植樹
800
2
10
第14回
2019年98
こけしの材料となるミズキ240本とスギ500本
740
58
133
第15回
2020年9月11日・12日
ミズキの補植「こけしの森プロジェクト」看板作成・設置
1
11
第16回
2021年911
ミズキの補植、下刈り
50
1
23
第17回
2022年423
ミズキの補植
108
23
47
合 計 13,308 1,048 1,339
※参加人数は、スタッフである財団の職員は入れていません。