「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

 
2022年7月10日(日)

第6回「滋賀セブンの森」活動報告

第6回目は、過去最高となる452名が集まり、琵琶湖の清掃活動を実施しました。開会式後は、コロナ禍のため密にならないよう距離をとりながら清掃場所へ移動、3.5㎞の湖畔域を6チームに分かれての活動となりました。
湖畔には、ペットボトルなど沢山の漂着ゴミがあり、参加者のボーイスカウトの子どもたちも一生懸命拾ってくれました。消波ブロックの隙間に挟まったゴミは、大人がブロックに下りて回収、清掃活動後はゴミを分別しカウントを行いました。
今回の活動は、参加者の半数が初めての参加であり、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県などあらゆる地域からご参加いただきました。
産官学民が一体となり、環境への取り組みを意識し、行動に移すことができた素晴らしい活動となりました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
【参加団体】淡海を守る釣り人 の会、滋賀県、守山市 、ボーイスカウト日本連盟、宮本守山市長、河井滋賀県議会議員、守山南中学・中州小学校 校長、VIABENTEN SHIGA (サッカー滋賀県社会人 3部リーグ)、 日本たばこ産業 、 昭和電機、Apple、コカーラ、三井住友海上火災、セブン-イレブン加盟店・社員、セブン-イレブン記念財団

集合写真
集合写真

【回収結果】

  • 可燃ごみ:
    (1袋=45L)74袋
  • 缶:
    120個 4袋
  • ビン:
    81個 3袋
  • ペットボトル:
    1140本

ごみの処分は守山市にご協力いただきました。

のぼりから気合を感じます
のぼりから気合を感じます
子どもも一緒に清掃活動
子どもも一緒に清掃活動
消波ブロック清掃活動
消波ブロック清掃活動
ボースカウトさんも頑張ってくれました
ボースカウトさんも頑張ってくれました
手強い根っこは湖に入って
手強い根っこは湖に入って
ゴミの分別作業中
ゴミの分別作業中
丁寧にゴミを分別
丁寧にゴミを分別
沢山のゴミが集まりました
沢山のゴミが集まりました
今回の回収結果
今回の回収結果
滋賀セブンの森
実施日 活動
内容
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2019年1130 清掃活動 135 350
第2回 2020年621 清掃活動、大川の倒木の伐採・撤去 8 47
第3回 2020年1129 清掃活動、ビオトープ(生き物の漁礁・産卵場所)づくり 13 87
第4回 2021年74 清掃活動、小さな自然再生活動 13 62
第5回 2021年1121 清掃活動、小さな自然再生活動、琵琶湖の自然再生研修会 42 200
第6回 2022年710 清掃活動 129 452
合 計 340 1198
※参加人数の「加盟店と本部社員」に財団職員の人数は含まれておりません。