花壇の出展

札幌大通公園は、約1.5kmにわたって、幅105mの芝生のグリーンベルトが延び、花壇や噴水を設けた緑豊かな公園です。冬には「さっぽろ雪まつり」のメイン会場として有名で、市民や観光客の憩いの場となっています。
1875年(明治8年)に開拓使の手により西洋の花々が植えられたことがはじまり、といわれている「札幌大通公園花壇」に、1997年度(平成9年度)より大通4丁目東側に「セブン-イレブン記念財団花壇」を出展し、公園を訪れる人々の目を楽しませています。
花壇は、5月に春の花、6月から7月に夏の花、8月に夏の花の半分を入れ替え、9月から10月に秋冬の花、というように年4回花を植え替えています。

大通4丁目東側の「セブン‐イレブン 記念財団花壇」冬の花
大通4丁目東側の「セブン‐イレブン 記念財団花壇」冬の花

2020年10月の花

毎年恒例の葉ボタンの植替えを実施しました。

大通公園の木々も紅葉し、手稲山山頂では積雪も見られる季節となりました。

コロナ禍で大通公園のイベントが中止されていましたが、11/20より第40回さっぽろホワイトイルミネーションが開催される予定です。

札幌にお越しの際は、花壇も一緒にお楽しみください。

広島市内「グリーン・パートナー花壇」出展

広島市では自分たちのまちと緑に深い愛着と関心を持ち、自分たちの身の回りの緑を少しでも増やしていく気持を持つ「緑のまちづくり」を進めています。セブン‐イレブン記念財団ではこの「グリーン・パートナー事業」の趣旨に賛同し、「広島駅南口広場」や「八丁堀交差点」などに「グリーン・パートナー花壇」を出展しています。
各花壇には「すべての子どもたちに花と緑と輝く未来を」「すべての人の心に花と緑と平和を」のプレートを掲示しています。

八丁堀
八丁堀
広島駅前南口広場
広島駅前南口広場
広島駅前南口広場
広島駅前南口広場