助成の仕組みと考え方

セブン‐イレブン記念財団の「環境市民活動助成」は、お客様がセブン‐イレブンの店頭募金を通して、地域の環境市民活動を支援する助成制度です。助成対象は、日本国内の団体および活動です。

地域のセブン-イレブンで募金をお預かりしています

セブン-イレブン記念財団は、日本全国21,167店(2021年2月末現在)を超えるセブン-イレブン店頭の募金箱に寄せられたお客様からの募金をもとに、環境市民活動支援、自然環境の保護・保全、災害復興支援、広報の事業領域を設け活動しています。

2募金を地域に還元しています

「環境市民活動助成」では、お客様から寄せられた募金を、環境をテーマに地域に根ざした活動をしている市民団体にお届けし、その活動の成果を地域に還元しています。当記念財団の助成制度は、地域のお客様が募金を通して、地域の環境活動を支援する市民参加の社会貢献の仕組みです。

3市民主体の地域社会の実現を目指します

当財団の助成制度は、地域の環境問題を地域の市民が主体的に解決するために、さまざまな角度から支援し、市民主体の地域社会の実現を目指しています。

2022年度の環境市民活動助成
地域社会
地域社会
地域美化助成
ごみのない、緑と花咲く街並みをつくる活動の資金を1 年間支援します。
活動助成
自然環境保護や気候変動対策、脱炭素化をめざす取り組みなど、市民が主体となって行う環境活動の資金を1年間支援します。
NPO基盤強化助成
持続可能な活動を実現する自主事業の構築・確立をめざすNPO 法人に対し、事業資 金・専従職員の人件費・事務所家賃を原則3年間支援します。
(2年目からの助成は、助成報告会で当年度の事業報告と次年度の事業計画をプレゼンテーションしていただき、審査の結果、次年度の助成の可否を決定します。)
審査について

助成先団体選定の透明性と公正性を高めるために、それぞれの活動分野を審査する専門審査会と、その結果をもって広い視点から審査を行う最終審査会の2度の審査会を設け、厳正な審査を経て助成先団体を決定しています。

助成金について

助成先には、安心して活動できるよう年度初めに助成金をお振り込みし、活動終了後、速やかに報告書を提出していただきます。

助成金の申請対象外について
  1. ①「旅費交通費のみの申請」は、申請対象外です。
  2. ②「講師の謝金のみの申請」は、申請対象外です。
  3. ③「旅費交通費と講師の謝金のみの申請」は、申請対象外です。