「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

塩竈セブンの海の森
塩竈セブンの海の森
「アマモ」は地下茎を噛むと甘みを感じることから名付られ、「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ」という植物名では日本一長い別名を持っています。

宮城県の松島湾は多数の島々が点在しており、製塩などを通して海の恵みを受けて発展してきましたが2011年の東日本大震災により、松島湾の環境は激変し、地域の人々を海から遠ざけました。 その後2013年にアマモを海洋環境復興の象徴として「全国アマモサミット2013inみやぎ」が開催され、全国のアマモに携わる人々の交流の場となりました。
「塩竈セブンの海の森」は宮城県塩竈市と松島湾アマモ場再生会議と一般財団法人セブン‐イレブン記念財団の三者で塩竈市北浜緑地護岸沿岸のアマモ場の再生や保全再生活動を実施し、地域の活性化に努めていきます。
また2021年10月3日、松島湾アマモ場再生会議が、第40回全国豊かな海づくり大会にて「環境大 臣賞」を受賞しました。こちらは長年にわたり漁業環境保全に尽力し、海の環境保全に寄与したことが評価されました。

全国アマモサミットと「自然再生・高校生サミット」

環境大臣賞受賞
環境大臣賞受賞
2021年10月24日(日)
第3回「塩竈セブンの海の森」活動

3回目の活動は、塩竈市北浜マリンベースにて開催されました。コロナ禍に伴い参加人数を制限して実施しましたが、塩竈市、松島湾アマモ場再生会議、海辺つくり研究会、セブン‐イレブン加盟店、記念財団事務局の合計40名が参加し、アマモ種子採取、選別、播種(種まき)を実施しました。
アマモ種子採取では、前回花枝を採取し海中で保管していた袋を引き揚げ、その後、しっかりした種子だけをピンセットで選別し、苗床に植えました。
播種では、種子が波で流されないように紙粘土につけて船上から海底に種まきをしました。

集合写真 撮影時のみマスクを外しています
集合写真 撮影時のみマスクを外しています
海中の花枝の袋を回収
海中の花枝の袋を回収
袋を回収し種子の取り出し
袋を回収し種子の取り出し
袋からの種子採取
袋からの種子採取
小さな種子をピンセットで選別
小さな種子をピンセットで選別
陸上で苗床に種子を植え、苗を育てます
陸上で苗床に種子を植え、苗を育てます
苗床を水槽に入れて種子から苗を育てていきます
苗床を水槽に入れて種子から苗を育てていきます
波に流されないように種子を紙粘土につけます
波に流されないように種子を紙粘土につけます
完成した紙粘土の種子
完成した紙粘土の種子
船上から海に紙粘土の種まきをしました
船上から海に紙粘土の種まきをしました
塩竈湾セブンの森
実施日 活動内容 参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2020年1018 アマモ移植
海洋ゴミ回収
干潟づくり
16 79
第2回 2021年530 アマモ場の生きもの観察
花枝採取
花枝植付
3 37
第3回 2021年1024 アマモの種子採取、選別、播種 12 40
合 計 31 156
 
2020年7月27日(月)
環境保全活動協定締結式
2020年7月27日(月)環境保全活動協定締結式
 
2020年7月27日(月)環境保全活動協定締結式
左より佐藤副市長、芳賀理事、桑原会長

2020年7月27日(月)、宮城県塩竈市と松島湾アマモ場再生会議と一般財団法人セブン-イレブン記念財団の三者で海洋環境保全再生活動の実施に関する三者連携協定の締結式をマリンゲート塩釜で行い、佐藤洋生副市長と桑原茂会長と記念財団東北地区理事の芳賀康弘が調印しました。