「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

長野セブンの森プロジェクト

(株)セブン&アイ・ホールディングスと一般財団法人セブン-イレブン記念財団は、長野県埴科郡坂城町と2012年6月~2017年6月までの5年間の協定を結び、日本の森林を育て、木質材の利用を促進する「長野セブンの森プロジェクト」を坂城町で行ってきました。
このプロジェクトは植林活動に限定することなく「健全な森林づくり」に必要な間伐や下刈り、樹種転換等の森林整備活動を行います。また、この森林から得られる木質材をグループ内の店舗資材や事務備品として使用するほか、商品化することで国産木材の活用も促進しています。
2017年9月からは、長野県上水内郡信濃町と2017年9月~2027年の10年間の協定を結び、信濃町の「やすらぎの森」を活動場所としています。荒廃した長野の森を、生物多様性が豊かで地域と共存する森の保全・再生をめざし、「みんなで楽しく笑顔で活動しよう!」をコンセプトに、(株)セブン&アイHLDGS.と協働して活動しています。

2017年〜 やすらぎの森で活動中
2012年〜2016年 坂城町で活動し終了
2021年6月5日(土)
第6回「長野セブンの森」活動

6回目の活動は信濃町「やすらぎの森」にて、長野森林組合4名、 (株)セブン&アイHLDGS.1名、セブン‐イレブン加盟店14名、セブン‐イレブン社員9名、 記念財団事務局4名の合計32名が参加し、ヤマザクラの植樹(30本)と苗木周辺の下刈りを実施しました。 今回はコロナ禍に伴い人数を制限して実施、開始時は曇り空でしたが後に晴天にも恵まれ、美しい妙高山に見守られながら気持ちの良い汗を流しました。
ヤマザクラの植樹では、長野森林組合の方から指導を受け、3~4人が一組となりスタート。竹3本を交差させて支柱を作り、「これからしっかり成長しますように」と願いを込めながら一本一本丁寧に植樹しました。

集合写真 開会式にて
集合写真 開会式にて
ヤマザクラ植樹活動
ヤマザクラ植樹活動
竹で支柱を作り、ヤマザクラを支えます
竹で支柱を作り、ヤマザクラを支えます
立派に育ちますように
立派に育ちますように

下刈り活動
下刈り活動
集合写真 活動終了後
集合写真 活動終了後

長野セブンの森(やすらぎの森) (面積15.94ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2017年103 植樹とベンチづくり 200本 61 71
第2回 2018年623 山道作り、下刈り、間伐材でプランター作り 137 154
第3回 2018年1027 森林保全活動、間伐材で本棚作り 97 110
第4回 2019年629 コブシ・ヤマザクラ・ヤマボウシ各25本の植樹、下刈り、バードコール作りコブシ・ヤマザクラ・ヤマボウシ各25本の植樹、下刈り、バードコール作り 75本 113 172
第5回 2020年1031 下刈り 28 42
第6回 2021年65 ヤマザクラの植樹、下刈り 30本 23 32
合 計 305本 459 581
2017年9月27日(水)
「長野セブンの森」整備・保全協定の締結式と記念植樹を実施

2017年より「長野セブンの森」は、長野県上水内郡信濃町の「やすらぎの森」で活動を開始します。これに先駆け、2017年9月27日(水)に、長野森林組合ならびに信濃町、(株)セブン&アイ・ホールディングス、セブン-イレブン記念財団との整備・保全協定の締結式と記念植樹を野尻湖に近い矢保利の館で行いました。

調印式
左より長野森林組合代表理事組合長 酒井美明、信濃町町長 横川正和、セブン-イレブン記念財団理事 山岸隆成、(株)セブン&アイ・ホールディングスCSR統括部シニアオフィサー 伊藤利彦(敬称略)
2017年9月27日(水)「長野セブンの森」整備・保全協定の締結式と記念植樹を実施
オオヤマザクラを記念植樹
2017年9月27日(水)「長野セブンの森」整備・保全協定の締結式と記念植樹を実施
信濃町の「一茶さん」とnanacoも一緒に

長野セブンの森(坂城町) (面積250ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2012年629 下刈り 25 30
第2回 2012年630 下刈り 57 72
第3回 2012年1027 つる切り、除伐、補植と下刈り 106 154
第4回 2013年61 下刈り 44 62
第5回 2013年928 下刈り 53 71
第6回 2014年531 間伐や下刈り 71 86
第7回 2014年104 ヒノキを植樹 250本 80 96
第8回 2015年530 下刈り、トンボ作成 100 120
第9回 2015年1017 アカマツの除伐 86 119
第10回 2016年64 下刈り 83 83
合 計 250本 705 893
2015年6月1日(月)
トンボの寄贈
2015年6月1日(月)トンボの寄贈
長野県坂城高校野球部の生徒へ寄贈

長野県坂城高校、坂城町立坂城中学校の2校に、第8回「長野セブンの森」の活動で作成したグランド整備用のトンボを20台づつ寄贈しました。

坂城高校の田中校長先生より「野球部をはじめ、みんなとても喜んでいます。壊れないように補修しながら、ていねいに使わせていただきます。本日はありがとうございました。」

坂城町立坂城中学校の代表生徒へ寄贈
坂城町立坂城中学校の代表生徒へ寄贈

坂城中学校の塚田教頭先生より「セブン-イレブンとアリオ上田の皆さまの地元での活動をはじめて知りました。こんなにたくさん寄贈いただき、びっくりしています。」