「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

「仙台湾セブンの森」づくり

セブン-イレブン記念財団は、東日本大震災被災地復興の一助となることを祈念し、林野庁東北森林管理局が進める「『みどりのきずな』再生プロジェクト」の海岸防災林の復旧・ 再生に、民間団体として参画しています。仙台森林管理署と協定を結び、宮城県名取市下増田台林国有林内の約1haの海岸防災林の再生を継続的に行っていきます。
「仙台湾セブンの森」づくりは、セブン-イレブン加盟店、本部社員およびセブン&アイHLDGS.各社のグループ社員などのボランティア活動として、地方自治体の協力を得て進めていきます。

2014年〜2019年 活動し終了

 
2019年3月30日(土)
第5回「仙台湾セブンの森」づくりを実施しました
2019年3月30日(土)第5回「仙台湾セブンの森」づくりを実施しました

2014年5月に東日本大震災復興活動の一環として、海岸防災林再生活動「仙台湾セブンの森」1.0haに抵抗性クロマツ 5,000本を加盟店・本部社員で植樹しました。今年は苗木の生育を促進するための下刈りを、加盟店27店から34名、本部社員58名の計92名とNPOしんりん5名、総合計97名が被災地の復興を願い育林活動を行いました。

活動前
→
→
活動後
外来種の伐採
1haの面積を下刈り
成長したクロマツは背丈以上
クロマツに絡まったツルを除去
ツルは丁寧に外します
子どもたちは松ぼっくりに夢中
仙台湾セブンの森 (面積1.0ha)
実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2014年510 植樹 5,000本 156 163
第2回 2016年611 下刈り 80 88
第3回 2017年610 下刈り 76 81
第4回 2018年1027 雨天中止のため、有志で下刈り 5 10
第5回 2019年330 下刈り 92 97
合 計 5,000本 409 439
※参加人数は、スタッフである財団の職員は入れていません。