「セブンの森」づくり

地球温暖化防止CO2削減を目指し森づくりに取り組んでいます。

森林保全プロジェクト〜セブンの森〜

地球温暖化対策、生きもの豊かな森、美しい景観、森林環境を保全するために、全国で「セブンの森」づくりに取り組んでいます。

 

館山セブンの海の森

沖ノ島

千葉県館山市の館山湾にある 沖ノ島は、高さ12.8m、面積約4.6ha、周囲約1kmの陸続きの小島(陸繋島)です。
南房総国定公園内のこの島は、約8000年前の縄文海中遺跡や世界的に注目されている北限域のサンゴを育む貴重な自然が残る無人島であり、豊かな自然を求め、多くの人々が訪れていましたが、2019年9月5日に発生し9月9日に房総半島に上陸した台風15号により沖ノ島も一夜にして倒木など、その姿を大きく変えてしまいました。
多くの倒木が発生した原因として、台風が強大ではありましたが島全体がもともと乾燥しており、土の中の環境が変わってしまっていたことが専門家の調査により指摘されました。
また土中の乾燥はコンクリートの道路や人工物などにより、雨が降っても土中に染み込まず地面の表面を流れ、そのまま海へと流れ込んでしまうことが原因でした。
そして土の中を空気と水が通らないことで岩盤の乾燥と崩壊が発生、さらに水脈が目詰まりを起こしたことが原因で海も荒廃し、海藻や海草が減少していることも分かりました。
「館山セブンの海の森」は、「山の森」と「海の森」の活動を同時に行う協定として全国初になります。沖ノ島をはじめとする館山市の豊かな環境を健全な姿で次世代に引き継ぐことを目指し、森・里・川・海のつながりを意識しながら環境の保全再生および地域の一層の活性化を図り、産官学民が一体となって活動をしてまいります。

沖ノ島
沖ノ島
倒木の様子
倒木の様子
 
2021年5月23日(日)

第1回「館山セブンの海の森」活動

1回目の活動は沖ノ島公園にて実施。市民の皆さん、館山市、NPO法人たてやま・海辺の鑑定団、館山船形漁協、セブン‐イレブン加盟店関係者の延べ116名が参加し、山道づくり、マウンドづくり、タブノキの移植、海岸清掃を行いました。

  • 山道づくり:土中乾燥の原因となるコンクリートを剥がして石垣として活用。石垣の間に竹炭や木片を入れ、土壌改良を目指し環境にやさしい山道再生を実施。
  • マウンドづくりとタブノキの移植:昨年拾い集めた「タブノキ」の種から実生の苗を補修したマウンドに移植。
  • 清掃活動:島からの帰り道である浜辺の清掃活動。子どもたちは”お宝さがし”を実施。
    今回は晴天に恵まれ、地元の高校生や多くの子どもたちが参加してくれました。
    森の豊かさと海の豊かさを守り伝えるため、今後も産官学民が一体となって活動をしてまいります。
集合写真~撮影のため一時的にマスクを外しています
集合写真~撮影のため一時的にマスクを外しています
山道づくり 石垣の補修
山道づくり 石垣の補修
マウンドづくり
マウンドづくり
マウンドの補修
マウンドの補修

タブノキの苗を移植
タブノキの苗を移植
海岸清掃活動
海岸清掃活動
子どもたちに沖ノ島の自然について説明
子どもたちに沖ノ島の自然について説明

館山セブンの海の森

実施日 活動
内容
植樹
本数
参加人数
加盟店と
本部社員
総勢
第1回 2021年523 山道づくり、マウンドづくり、タブノキの苗の移植、清掃活動 50 6 116
 
2021年3月24日(水)

環境保全活動協定締結式

2021年3月24日(水)、千葉県館山市と特定非営利活動法人たてやま・海辺の鑑定団と一般財団法人セブン‐イレブン記念財団の三者で「館山セブンの海の森」事業に係る連携協定を締結しました。

【協定書目的】

  • 沖ノ島をはじめとする館山市の豊かな環境を健全な形で次世代に引き継ぐことを目指す
  • 森・里・川・海のつながりを意識しながら、沖ノ島とそれをとりまく館山市の環境の保全再生

この活動により、館山市の貴重な自然資源であり、観光資源でもある沖ノ島とその周辺海浜の自然環境の保全を進め、グリーンカーボンやブルーカーボンに資する取り組みとして、CO2削減の啓発活動につなげ、地球温暖化対策を推進していきます。

2021年3月24日(水)環境保全活動協定締結式
右:館山市 金丸市長  中央:たてやま・海辺の鑑定団 竹内理事長  左:セブン‐イレブン記念財団 千葉地区 加藤理事

右:館山市 金丸市長  中央:たてやま・海辺の鑑定団 竹内理事長  左:セブン‐イレブン記念財団 千葉地区 加藤理事